お知らせ

「安全トレーニング」

10月20日、定例の合同研修会を(株)山下コーポレーション様にご協力を頂き、「安全トレーニング」と題して行いました。
「利用者の方が排泄をするため、ベッドに端座位になり、ヘルパーがそれを援助する」という日常の援助の場面に「どんな危険性が潜んでいるか」また「どのような環境的配慮が不足しているか」等を状況図を見ながら個人ワークを行い、その後各自の発表という形式で行いました。
発表では、日頃関らせて頂いているご利用者を思い浮かべ、ベッドの高さや手摺・ポータブルの位置、カーテンや衝立の位置、ヘルパーの立ち位置や服装にいたるまで、細かな危険予測と配慮しなければいけない点が次々と上げられました。
お互いの意見を交換することにより、気づいた点・気づかなかった点の自己評価は勿論、日頃配慮している点やご利用者に対する思いが共有できる研修でした。
また、今回の研修で改めて気づかされた福祉用具の必要性と適切な使用法を、ご利用者の身近にいるヘルパーの視点から福祉用具業者やケアマネさんに提案していきたいと感じさせられました。

 ご協力して頂いた(株)山下コーポレーションの酒井様、ありがとうございました。