地域ケアセンター 活動報告

7月「あなたの町で健康づくり・地域づくり Part3」

7月18日(土)池之内区自治会館にて「あなたの町で健康づくり・地域づくりパート3」のテーマで地域で取り組まれている健康づくりや地域づくりの活動を紹介させていただきました。

  3回目になるこのテーマですが、私たちが取材に伺い、一緒に参加させていただいた活動などを紹介させていただきました。毎年お伝えしているラジオ体操の活動は、開催している地域が去年より増えているなど嬉しい発見がありました。その他、老人憩いの家で行われている「3B体操」や御所市が開催する「足腰元気シニア教室」老人クラブが主催する「ペタンク」と呼ばれるフランスのスポーツの様子や毎月1回開催される葛公民館の「高齢者講座」などを伝えさせていただきました。健康教室に参加して下さった方の中に実際に教室に通われていた方や、講師をされていた方もおられ、詳しいお話を聞くことが出来ました。

 また、私たちが地域で行った活動として、緑ヶ丘住宅で開催したミニ健康教室について報告させていただきました。

  次に「夏祭り特集」と題して、御所のお祭りについて紹介させていただきました。代表的なものから、地域で大切に伝統を守っているものまで御所にはたくさんのお祭りがありました。この他に皆さんの地域にもお祭りはありますか?と尋ねてみると「明日、私たちの地域でもお祭りを行いますよ」という声も聞かれました。

地域住民同士が交流し、関係を深めるお祭りは重要な地域づくりの一つだと感じました。

最後に、相田みつを氏の「人の世の幸不幸は人と人とが逢う事からはじまる。よき出逢いを」という言葉と、永六輔氏の「生きるということは」という詩を紹介させていただきました。どちらも人との出逢いやつながりを大切に思う詩です。

今回の健康教室を通して、多くの方との出会いがありました。ひとつの教室が、出会いの場となり、仲間となり、地域のつながりへと広がるのだと感じました。毎月開催しているこの健康教室も地域のつながりに発展するきっかけになってほしいと思います。

生きているということは
  生きているということは 誰かに借りを作ること
  生きていくということは その借りを返していくこと
  誰かに借りたら 誰かに返そう
  誰かにそうして貰ったように 誰かにそうしてあげよう
  生きていくということは 誰かと手をつなぐこと
  つないだ手のぬくもりを 忘れないでいること
  めぐり逢い 愛しあい やがて別れの日
  その時に悔やまないように 今日を明日を生きよう
  人は一人では生きてゆけない 誰も一人では歩いてゆけない
永 六輔

(葛公民館 高齢者講座 向出 圭司先生 資料より)

8月の健康教室は8月22日(土)鴻池荘にて「在宅での介護」~本人の残存能力を活かした介護~とのテーマで鴻池会 地域ケアセンター からお伝えさせていただきます。皆様お誘い合わせの上是非ご参加下さい。