地域ケアセンター 活動報告

12月「懐かしいお話を聞かせてください」~一服のお茶と御所の昔ばなし」

12月19日(土)池之内地区自治会館で、「懐かしいお話を聞かせてください パート3」~一服のお茶と御所の昔話~とのテーマで「御所おはなしの会」のみなさんと、池之内区女性部茶道同好会の皆さんにご協力を頂き開催させていただきました。前日には、雪が積もり本格的な冬の到来を実感し、当日も雪が舞う寒い1日となりました。
 まずは、「御所おはなしの会」の皆さんによる昔話から 健康教室はスタートしました。ロウソクに火を灯し、 優しい明かりの中でお話が始まりました。 「牛小屋にいたばあちゃん」「えんま大王に会った人」 「井戸がこわくなった仁王さん」「大工の平吉」 紙芝居で伝えていただいた「天狗の面」という5つの御所に伝わる昔話をして下さいました。どのお話も舞台は、櫛羅や伏見、吉野口など、馴染みのある御所の地域が登場し、その場所を思い起こしながら、お話の光景を想像されていたのではないでしょうか?参加して下さった皆さんは、優しい語りに頷きながら聞き入っておられる様子でした。昔話の内容はもちろんのこと、物語を聞かせてもらう経験も懐かしく感じて頂けたと思います。

昔話の後は、毎年恒例となっている茶道同好会の田村宗佳さんのお手前で、一服のお茶で優雅なひと時を過ごしていただきました。今回は、テーブルと椅子で行う点前(立礼式りゅうれいしき)で「気軽に」「身近に」お茶を楽しんで頂きたいという田村さんの提案からこの形のお茶会となりました。会場には、掛け軸や季節のお花を飾り、お香が香り、身近さの中にも、本格的な雰囲気を感じながら、お手前の美しい動きや、お湯が注がれる音が静かに響き会場が凛とした空気に包まれ、参加していただいた皆さんも自然と背筋をピンと伸ばし気持ちのいい緊張感が漂っていました。甘いお菓子と温かいお抹茶が配られると、皆さん和やかに、お話も弾まれている様子でした。年末の慌しい日常から離れ、少しゆっくりとした時間を楽しんでいただけたと思います。

今年一年の無事に感謝し、来年もまた元気に健康教室に通っていただきたいと祈りながら今年最後の健康教室を終えることができました。今年も一年間ありがとうございました。

 次回の健康教室は、1月23日(土) 御所市役所 3階 委員会室にて
「もしもの時の備えのススメ」~防災と応急救護~とのテーマでお伝えします。
皆様お誘い合わせの上是非ご参加下さい。