精神科一般病棟(東3・東6・中2)

精神科一般病棟

精神科一般病棟(東3階病棟)

精神科一般病棟 精神科一般病棟

精神症状の活発な患者さんや、精神症状があり身体的リハビリテーションが必要な患者に対し、多職種と連携しチームの一員として専門的看護、介護を提供し早期安定を目指しています。

1.必要な知識

①精神疾患看護の基本的知識
②内科疾患看護の基本的知識
③老年期看護とリハビリテーション看護
④内服に関する知識
⑤看護過程の知識
⑥精神保健福祉法の概要

2.技術

①日常生活習慣獲得の援助技術
②社会生活能力獲得への援助技術

3.看護技術

①精神疾患の観察技術
②フィジカルアセスメント力
③診察・治療・検査等の補助及び援助と身体的な処置技術
④行動制限時の看護技術
⑤精神疾患患者とのコミュニケーション技術
⑥精神科看護の患者理解の専門的技術
⑦身体的リハビリテーション援助技術
⑧感染予防のための技術

研修内容(テーマ) 日程 / 場所 臨床実践能力
ニード ケア 協働 意志決定
精神科における薬物療法について
~MSEの視点からの薬物療法~
10月
自習室
   
急変時対応について
~救急カートの物品を実際に使用しシュミレーション・実践~
11月
東3階病棟
   
精神科におけるファーストエイド
~実際に精神科でおこる事故と対応について精神科看護の知識と技術を身に付ける~
12月
自習室
フィジカルアセスメント
~シュミレーターを用いてフィジカルアセスメントを実践~
2月
北棟OT室
   

精神科一般病棟(東6階病棟)

精神科一般病棟

精神科疾患患者の身体合併症に対して、多職種連携チームの一員として精神、身体の両面へ専門的看護・介護を展開し、早期回復・早期退院をめざしています。
具体的には、」ADLの低下や廃用症候群を予防する専門的看護・介護を提供しています。

精神疾患をもった人々が安心して身体医療が受けられる医療体制を整えています

精神疾患をもった人々が安心して身体医療が受けられる医療体制を整えています

部署内研修内容

  • 看護師・介護士の役割の明確化とデーターベースの活用について学びます。
  • 退院生活をイメージし、住み慣れた環境を想定した食事・排泄・更衣について学びます。
  • 面会時の接遇や家族のニードを把握するためにロールプレイで学びます。
  • カンファレンスのあり方や退院にむけての鴻池会の資源の利用について学びます。
  • CST委員と連携し排泄ケア技術について学びます。
  • 感染予防対策やCVルートの管理方法について学びます。
  • 行動制限の代替え技術や褥創予防対策について学びます。
  • 認知症対応策について学びます。
  • フィキカルアセスメント能力向上にために学びます。

精神科一般病棟(中2階病棟)

精神科一般病棟

精神科病棟において身体合併症患者様へ、他職種共同でチーム医療を展開していく病棟です。
奈良県下では唯一の病棟です。

どのような疾患の患者さまが入院しているのか

代表的な精神疾患

  • 統合失調症
  • うつ病
  • 躁うつ病
  • 不安障害 などなど

代表的な内科疾患

  • 肺炎(誤嚥性含む)
  • 心不全
  • 腎不全
  • 多臓器不全 などなど

看護の実際

このような疾患や障害を持ちながらでもその人にあった生活や社会復帰ができるようにする。を目標にケアしています!

精神科作業療法にも参加を促し、他職種連携で患者様にケアを行います!