看護部各部署紹介

内科外来

内科外来

<次長 濵﨑 妙子>
在宅医療の推進、平均在院日数の短縮化等により、高度な治療も外来で提供することが要求されている。 このような背景において、入院時から関わり退院後も地域の患者さんの自立に向け生活を尊重した、的確な対応と継続した看護をおこなうことができる部署を目指しています。 具体的には、退院後訪問や訪問看護と連携し、在宅ケアに参加しています。訪問により得た患者ニードを検討し次回外来受診時での看護ケアに活かしています。
また住民の健康を守るための「健康診断」にも積極的に関わり、地域の方々の信頼を得るように行動しています。

必要な知識

  • 内科疾患看護、高齢者の看護・認知症看護
  • 急変時の対応
  • 退院支援、自立支援について
  • 他部門・地域の理解

必要な技術

  • 外来診療の介助・外来看護
  • 救急救命処置・苦痛の緩和・安全確保
  • 各種処置、検査全般、内視鏡検査の介助
  • 感染対策
  • 多部門・他部署との連携

能力

  • 外来診療を円滑に受診できるよう医師との間を調整する
  • 安心で安全な信頼される診察の介助と療養上の援助をおこなう
  • 患者さんの表情、言動等の観察により重症度・緊急度を判断し対応する
  • 患者さんの病態、治療方針、治療内容と社会的背景や社会資源を関連付け、総合的に理解する
  • 患者さんやその家族のニーズを把握し相談や問い合わせに対応する
  • 継続した看護の必要性を判断し、多職種や在宅部門と協働し対応する

西1階病棟

地域包括ケア病棟

西1階病棟

病棟の役割

<看護課長 森本 由紀子>
地域で生活している方の慢性疾患の急性憎悪時に緊急的に受け入れを行います。
また、急性期病院からすぐには在宅復帰が難しい患者さんを受け入れ継続的な治療やリハビリを行い、地域の在宅支援部門と協働し在宅復帰を支援します。

看護の実際

病院完結型から地域完結型の医療への転換期において患者さんが住み慣れた地域で暮らし続けるために、 入院時から退院後を見据え多職種協働のもと地域と連携し、途切れることのない在宅復帰の支援を行います。
そのために、入院時から安心して治療が受けられるようその人らしい生活習慣が尊重されるような生活の場を提供し、 個別性のある看護ケアを実践します。また、退院前カンファレンスや退院後訪問を行い、退院後の生活に不安が残らないよう患者さんと家族をサポートします。

育成される能力
(求められる能力)
  • 患者さんの全体像を把握しニーズを捉え、必要な看護ケアを判断し実施する
  • 実施した看護ケアに対する評価をおこない改善する
  • 看護場面での倫理的思考と配慮をおこなう
  • 意思決定を支援する
  • 部署内や多職種とチームで協働し、適切な対応を検討する
  • スキルアップのための自己啓発・研究能力

南2階病棟

内科外来

<看護課長 中野 初美>

医療型療養病棟・在宅復帰機能強化病棟
入院基本料1・認知ケア加算1を取得しています。

当病棟は、医療区分の高い患者が多く、医療処置を行う業務があります。 患者層は高齢者、主疾患に合併症をもち終末期を余儀なくされた患者さんも多く家族との関わりをもつ必要があります。
また、慢性疾患、身体機能の低下等で廃用症候群を予防する為、リハビリと協力し看護・介護を提供しています。 H30年診療報酬改定により内科病棟が担う役割が明確化される。入院前から退院後1ヶ月の関わりを求められています。 病棟の役割分担を理解し、多職種との連携を強化しあらゆる患者の看護・介護を提供できる病棟を目指してます。
平成30年度に提示された「人生の最終段階における医療の普及・啓発の在り方(ACP)」についても病院と共に検討に取り組んでいます。 心身の状態変化に応じて患者・家族の思いは変化しうるものであるので、「どのような生き方を望んでおられるのか」を話し合っていける体制づくりも行っています。

看護職のキャリア発達支援システム

南3階病棟

南3階病棟

<看護課長 鈴木 朋子>

回復期リハビリテーション病棟
【病棟の責務】
住み慣れた地域での生活の再構築を目指し、多職種からなるチームアプローチを実践し、ADLの向上と在宅復帰を目指します。

【看護の役割】
日常生活が支障なく遅れるための援助であり、具体的には
①患者さんの基本的欲求の援助を徹底して行う
②疾患や生活を見据えた看護につなげる

リハビリを経て少しずつ回復していく患者さんリハビリを経て少しずつ回復していく患者さん

リハビリを経て少しずつ回復していく患者さんの姿に、やりがいを感じています。

排泄の自立リハビリ

施設退院まで1ヶ月限定で入院された右片麻痺患者

東2階病棟

精神科急性期治療病棟

<看護次長 奥谷 広行>

精神科急性期治療病棟
【精神科医療・看護の対象理解】
精神科とは、脳と心を扱う診療科である。患者が生まれた時からどのような生活をしていて、何か困っているのか、 それはどのような病気に当てはまるか、病気でなくても生活の支援が可能か、じっくり病気と生活の両面をアセスメントしていく。
精神科看護の対象は、『生活者として社会とのかわりのなかで生活している人』
が対象である。 精神症状のアセスメントと共に生活者としての暮らしを理解する視点が必要という理解をしています。

【病棟の責務】
精神科急性期状態の患者を受け入れ、新規入院患者農地6割以上の方を入院日から起算して3ヶ月以内に退院し在宅移行できるように看護を提供しています。
幻覚、妄想状態や不安の強い患者が入院されてくる病棟であり、3ヶ月という限られた期間のなかで在宅に戻っていただくように計画的なケアが必要であり看護師が中心になり、 多職種連携が求められます。退院後は在宅で、地域との交流を図りながら、生活が出来ているのかを退院後訪問を通して見守り・支援等を行っています。

【目指している看護】
急性期状態の患者に対して、多職種と協働して医療を提供し、チームの一員として情報を発信すると共に専門的看護介護が展開できる。

【求められる知識】
①看護倫理
②精神機能
③精神科疾患
④精神科患者の特徴、看護者の役割を理解する
⑤身体合併症に関する知識(肺炎、イレウス)
⑥看護過程の展開
⑦精神保健福祉法(処遇、患者の権利)と社会資源

【育成される能力】
①患者を尊重する姿勢、信頼関係を構築する能力
②多職種と連携・調整する能力
③危険予知能力

東3階病棟

<係長 豊浦 康司>

精神一般病棟
平均年齢59歳疾患別には約60%は統合失調症。その他にアルツハイマー型認知症、精神遅滞、老年期精神病や非定型精神病となっている。

【目指す看護】
精神症状の活発な患者さんや、精神症状があり身体的リハビリテーションが必要な患者に対し、多職種と連携しチームの一員として専門的看護、介護を提供し早期安定を目指しています。

【求められる能力】
①小さな変化も見逃さない(カンを大切にする)
②患者を尊重する姿勢、信頼関係を構築する能力(ありのままに受容する)
③他職種とのコミュニケーション能力

東4階病棟

精神科療養病棟

<看護課長 桝田 真美>

精神科療養病棟
【病棟の特徴】
長期入院患者の療養・退院調整を行う病棟です。
精神疾患の慢性期の患者さん、認知症の患者さんを受け入れし、精神科の専門的知識、技術、また高齢者への看護・介護を提供しています。

【病棟の責務】
精神科・認知症患者の看護実践する事でスタッフの看護能力を高めることができ、他職種との連携をはかり在宅復帰、施設への退院へとつなげる。

【育成される能力】
■高齢者・認知症患者に対応できる技術・能力が身につく
■精神症状に対して専門的な看護ができる技術・能力が身につく
■平成30年度は、SST(社会生活技能訓練)を再開し、患者さんが安心して生活・退院出来るように新たに計画しています。

東5階病棟

認知症治療病棟クリティカルパス

<係長 西川 茜>
当院は、認知症疾患医療センターを有し、認知症やその疑いのある方の診断を行い予防・治療・介護を総合的に支援しています。

認知症治療病棟
認知症の行動心理症状(BPSD)により、自宅や施設での生活が困難になった患者様に対し、 精神科治療・看護ケア・リハビリを通して症状の緩和・心の安定を図り、在宅や施設への退院を目指す。

【求められる能力】
①認知症の症状に捉われず、認知症をもつ人が生きてきた過程も含め、全人的に捉える能力
②「その人らしさ」を意識したケアを実践する能力(発言内容や行動パターンを、患者さんの生活感とも照らし合わせてアセスメントする)
②老年期の特殊性を理解する能力
④認知症の行動心理症状を悪化させる要因・誘因をアセスメントする能力
⑤権利を擁護し、意思表出能力を補う能力(医療人としての高い倫理観)
⑥他合併症による影響をアセスメントする能力
⑦行動をありのままに捉え、行動の意味を考える能力
⑧コミュニケーションの能力を理解する能力
⑨多職種と情報交換・情報共有し、多面的な関わりを行う能力

認知症治療病棟

東6階病棟

精神科一般病棟

<看護課長 乾 昌子>
精神科一般病棟
奈良県下に数少ない精神科の身体合併症をもつ患者さんを看護しています。

【目指す看護】
①精神科疾患患者の身体合併症に対して、多職種連携チームの一員として精神、身体の両面へ専門的看護・介護を展開し、早期回復・早期退院をめざす
③ ADLの低下や廃用症候群を予防する専門的看護・介護を提供する

【育成される能力】
①認知症・統合失調症、うつ病精神疾患の基礎知識
②精神科看護の専門的知識と社会資源に関する知識
③精神薬に関する知識(特に副作用)
④老年期看護に関する知識
⑤大腿骨頚部骨折術後のリハビリテーション看護
⑥脳梗塞後のリハビリテーション看護
⑦肺炎等感染症に関する知識
⑧褥創予防の知識
⑨精神保健福祉法(処遇・患者の権利)
⑩倫理的な配慮が求められる

北2階病棟

精神科療養病棟
当病棟は活発な症状の出現はないものの、長期的に治療・療養が必要な患者様が入院されています。
日常生活指導、作業療法、レクリエーションなどを行い、また社会復帰に向けたプログラムも取り入れ、日々取り組みを行っています。

患者作品1 七夕をイメージして

患者作品1 七夕をイメージして

患者作品2 手作りカレンダー

患者作品2 手作りカレンダー

排泄の自立リハビリ

活気にあふれる病棟スタッフ

看護教育内容(一部)

テーマ 内容
フィジカルアセスメント 病態に関連した意図的な情報収集・アセスメント能力を高めることが出来る
精神科アセスメントの基本 精神疾患の病態に関連した意図的な情報収集・アセスメント能力を高めることが出来る
退院支援のための社会資源の活用 退院支援に向けた病棟看護師の役割りと社会資源について理解できる
多職種との連携 情報を上手に活用する事で、円滑な他部署との連携・協働を学ぶことが出来る

介護老人保健施設 鴻池荘

昭和63年に奈良県初の施設として誕生しました。その後認知症専門棟・ユニットケア・サテライト型を開設し、利用者の方々の自立を支援するために、 多職種協働で看護介護ケアを提供しています。
医療との連携を行いながら、心身の機能の維持回復を図り、在宅生活を過ごす事ができるように支援しています!

老健3階

【老健3階】

「安全・安心・安楽」を提供出来る様、多職種と協働し、利用者の求める生活・目標を理解し方向性に応じた介護サービス、生活リハビリテーションを行っています!

老健2階

【認知症専門病棟】(老健2階)

私達は、利用者の日々の生活に寄り添い、自立した生活を支援し、家庭復帰を目指して取り組んでいます!
認知症専門棟として、認知症に対する知識・理解を深め、利用者様が、安全・安心に自分らしく生活を送る事ができるよう頑張っています!
利用者様・ご家族との信頼関係を大切にしています!

老健4階

【老健4階】

私達は、在宅復帰を行なう為に、利用者の方の自立した生活が過ごせるよう取り組んでいます!
多職種と協働し、利用者の方の求める生活・目標を理解し方向性に応じた介護サービス、生活リハビリテーションを行っています!

老健看護

【老健看護】

老健看護に求めらる能力
利用者の医学的身体管理(異常の早期発見)
多職種への医学的情報提供
介護職等多職種への身体的ケアの情報提供 (感染症・褥瘡・口腔ケア等)
利用者家族への身体的ケアの情報提供

看護の実際
口腔ケア⇒平成22年から口腔衛生管理体制加算を算定し歯科衛生士(以下DH)と共同して月1回、口腔アセスメント表を用いて入所者の口腔内を観察しアセスメントを行っている。
また、誤嚥リスクが高い利用者や肺炎既往のある利用者に対しては月1回口腔アセスメントとともに喀痰吸引評価も実施している。

サテライト蜻蛉

【サテライト蜻蛉】

サテライト蜻蛉は体調管理の下リハビリを行いながら自宅に帰るための準備や介護負担の軽減などを目的に入所される施設です。 ここでの看護は介護職やセラピスト、相談支援員をはじめとした多職種との適切な連携の下、利用者の健康状態を的確にアセスメントし、 体調管理を行いながら「生活の質」を重視したケアと在宅生活を継続できるケアを提供しています。

中2階病棟

中2階病棟

<看護課長 志茂 剛史>

精神一般開放病棟
県下唯一の精神科病棟において、身体合併症の患者様のケアをしています。
他職種共同で、患者様にとって最善の看護・介護を提供し自立支援を目指しています。

必要な知識
  • 精神科看護の基本
  • 内科疾患看護の基本
  • 老年期看護の基本
  • 看護過程の基本
  • リハビリ看護
  • 精神保健福祉法
必要な技術
  • フィジカル / アセスメント
  • 精神症状観察技術
  • 精神疾患患者への援助技術
  • コミュニケーション
  • 入退院時の援助技術
  • 予防ケア
  • ME機器管理技術
  • 日常生活援助技術(日常生活援助技術 / セルフケア援助 / 対人関係調整)

中2階病棟は精神科一般病棟であり、日々アセスメント能力がとても重要です。 また、今年度からは廃用症候群予防チーム・褥瘡予防チームも発足し、患者さんのQOLを落とさず在宅退院を目標に、スタッフ一団となり取り組んでいます。 自分自身のキャリアアップを目指されている方にオススメの病棟です♪

訪問看護

【看護の実際】
①24時間・365日対応(ご希望時手続き必要) 緊急時訪問看護体制を行っています。状態の急変時にもかかりつけ医師と連携し、症状の観察や緊急処置などを行います。
②経管栄養(鼻腔栄養・胃ろう等)、在宅酸素療法、吸引が必要な人、在宅点滴注射、人工呼吸器等、医療処置が必要な方への対応と御家族への指導・管理を行っています。
③認知症の方への看護と御家族への指導・援助を行っています。
④介護予防の為、機能の回復や訓練、指導、相談などにも対応しています。
⑤ご自宅で最後を迎えたい…家族で看取りたい…のご要望に、かかりつけ医との連携をとって、疼痛管理や症状緩和を行っています。 ご希望があれば、看取り後の処置としてご家族と一緒にお見送り後の処置も行わせて頂いています。 ご逝去後には、ご自宅に伺い、生前中のお話や、見取りでの心の動き、お体のお疲れが無いかどうかなどなど相談に応じて対応しています。
住み慣れた家で自分らしく在宅療養を希望される方々のニーズをとらえ看護しています。
“あなたの笑顔を見たいから…!”
※訪問看護については、地域ケアセンターでも閲覧できます。