看護教育について

鴻池会看護実践能力向上支援システム構築の背景とその意義
Kounoikekai Nursing practice ability System(KNS)

1. はじめに

鴻池会看護部は、看護実践能力向上のための教育システムの構築を体系化し、看護実践能力を適正に評価したうえで、看護師個々の能力に合った教育、キャリア発達支援を行っていきたいと考えています。利用者に喜んでいただけることが私たちの喜びであり、看護職一人ひとりのやりがいにつながっていきます。さらに、鴻池会看護部の使命は、看護職が、看護という仕事を通して職業的自律を遂げることにあります。鴻池会で働く看護職には、看護専門職業人として、鴻池会看護部の支援をもとに、自らのキャリアの開発・発達を遂げていただきたいと思っています。 教育を受ける側と提供する側がともに学び成長できるために、そして看護の職業的自律を目指し、鴻池会看護実践能力向上支援システム(KNS)を導入しています。

2. 鴻池会看護部が目指す看護職員教育

教育理念

  • 看護を取り巻く環境の変化に柔軟に対応し、大きな視点で看護ニーズをとらえ、質の高い看護サービスを提供する。 また、専門職として、看護独自の機能の発展や改革と創造に貢献できる魅力ある看護師を育成する
  • 豊かな感性と、専門職業人としての倫理観、科学的根拠に基づいた実践
  • 患者・家族のQOL向上を目指した質の高い看護サービス
  • 主体的な学びと、自己のキャリア開発

教育目的

  • 看護理念に基づき、利用者の立場に立って、地域の方々の「自立支援」を目指し、「安全」「安心」「安楽」が提供できる看護師を育成する
  • 倫理に基づいた行動が取れるよう、人間性豊かな感性を育む
  • 科学的根拠に基づいた看護実践能力を育成する
  • 看護部の理念に則り、専門職業人として時代の変化に即応するため、職員の主体的学習を支援し、質の高い看護サービスを提供できる人材を育成する

教育目標

  • 利用者の人格を尊重し、公平で思いやりのあるケアを提供できる
  • 鴻池会職員として基本姿勢と態度を習得できる
  • 専門職業人として科学的根拠に基づいた看護サービスを提供できる
  • 段階に応じた臨床に応じた臨床能力を習得できる
  • 自己啓発に向けて、積極的に行動できる