地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟

当院では、平成26年より、病気になっても住み慣れた地域での生活を支える為、地域包括ケア病棟の運用を開始しました。

地域包括ケア病棟

急性期医療の区切りがつき、これからの生活を考えるにあたり、時に生活環境の立て直しが必要となることがあります。例えば、介護保険の申請、在宅生活のマネジメントの役割を担う、介護支援専門員(ケアマネジャー)との相談や在宅生活での継続したリハビリの提案などです。これまでも、当院では地域の生活を支えるお手伝いをしていましたが、これまで以上に地域へのサポートの担い手となれるよう努めています。

当院の地域包括ケア病棟のポイント

地域包括ケア病棟地域包括ケア病棟地域包括ケア病棟

・在宅からの緊急的な慢性疾患の増悪に対する受け入れ
・在宅療養継続するために計画的な身体管理目的での受け入れ
・サルコペニアやロコモティブに対するリハビリのご提案

退院後に在宅生活を支える為に、病棟の看護師やリハビリスタッフがご自宅に訪問し必要に応じて訪問看護ステーションや、介護保険サービスとの連携をしています。